( Fill the blanks )

・-・・ ・-・・・ ・-・・ ・・ ・- ・- 

初めてのKAT-TUNドーム公演 unionオーラスにいきました

1週間と1日前、初めてのKAT-TUNコンサートにお邪魔させていただいたわたしですが見事に魅力に取り憑かれたのでブログを書くことにしました めちゃくちゃ長いと思います もう一度言います、めちゃくちゃ長いです。

 

<出てくる人>

わたし:2525方面の推しがいるものの界隈の治安の悪さから離れかけているオタク。ドラマ有閑倶楽部をみて赤西仁さん演じる魅録くんにウホウホ言ってたゴリラ期あり。爪を切るのが苦手でいつも長い。

Mちゃん:同い年のN担。担当は中丸さんだけど好きなドラマはにはすべて亀梨さんが出ているらしい。今回コンサートに誘ってくれた人で健気可愛い優しいの3点セットを持ち合わせている。

ママ:Mちゃんのお母さん。長いK担。めちゃくちゃ優しい。

Aさん:ママのお友達。同じく長いK担で席運が神がかっている。

 

 

 そもそもわたしの中でのKAT-TUNの印象としてはオラオラしててドラマに出たら必ず一話は喧嘩のシーンや殴るシーンが設けられそうで髪の毛遊ばせすぎてて全体的に傷んでそうだな、というものでした。KAT-TUNに限らず昔からアキバ系のオタクをしていたわたしにとってジャニーズさんはそこまで興味があるわけではなく、好きという感情とは程遠いところにいる感覚でした。ですがMちゃんの話を聞いていたりしていて、少しずつ知識が増えていった………気がしなくもなくもない………

 

今年のジャニーズカウントダウンでのKAT-TUN再始動発表はNEWSさんの増田担である推しが「KAT-TUN再始動おめ!」と喜んでいたのでわたし自身も嬉しく思いました。(確認したところリア垢での新年初ツイートは「KAT-TUNいい波乗ってんね~~~!」でした)

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますがその頃は本当に関心がありませんでした。雀の涙程の知識もMちゃんが楽しそうに話していることから吸収していっただけだし再始動を喜んでいたのも推しが嬉しそうだからわたしも幸せ!という典型的なお花畑思考から来た感情のような気がします。

 

しかし3月中旬、後にわたしの人生を大きく変えることになる出来事が起きました。そう、Mちゃんが「KAT-TUNのオーラスいかない?」と提案してきてくれたのです。今思い返しても不思議なことにお金は1円でも推し以外の無駄なことには払いたくないと思っていたわたしだったはずが「行く!」と即答しました。神のお告げだったのかなとも思います。ありがとう神様…オイラ頑張って天国行けるように働くよ……

 

そしてやってきた運命の日、そう4月22日。重度の寝坊癖と遅刻癖を持ち合わせているのにわたしがその日起きた時間は早朝4時。おばあちゃんかな?流れるような二度寝をキめ、支度をしてすぐにでも出られる状態になったのはMちゃんと約束した時間の3時間前。デートか?いや、小学生の遠足か?

過去に推しのライブにて倒れたことからお昼はきちんと食べるを教訓にしているのでしっかりとお昼も食べました。(皆さんもいくらグッズが欲しくても装備を買い足したくてもご飯はきちんと食べてください、でないと推しとは戦えません。)食べ終えたことから謎の緊張感を持ち始めたわたしは「やばい緊張止まらん、わたしKAT-TUN本人かもしれん2年ぶりのドームは無理やって は~~緊張する」という謎の言葉を残すほどになりました。  ※まだ自宅

 

 

クソほど前置きが長くなりましたが揃って強そうな服装をしているお姉さま方お兄さん方に揉まれつつもやっとの思いでドームに向かい、

f:id:majisore:20180430083455j:plain

ひとまず記念撮影。※ブレにブレまくりこれはテイク8

この時思いましたが男性が多い…?気がしました。わたしの中では女性9割男性1割くらいだと思っていたのですが実際は7:3くらいでやっぱり彼らの溢れ出るカリスマ性に惹かれるのかな…と思いました。ジャニーズさんはどこもそうなのかな。

 

Mちゃんと合流し世間話をした後、ママとAさんと共にチケット発券の列に並びました。デジチケの仕組みを見たのが初めてだったので機械からチケットが吐き出された時は思わず「ハイテク!!!!」と声が出ました。先頭にいたAさんがチケットを4枚持ち、回転扉を出て耳のノイズを取りつつ会場内でチケットを裏返すと……

 

 アリーーーーーナーーーーーーーーー!!!!!!!𓀠𓀡 𓁉 𓀤𓀠𓀡 𓁉 𓀤𓀠𓀡 𓁉 𓀤𓀠𓀡 𓁉 𓀤𓀠𓀡 𓁉 𓀤𓀠𓀡 𓁉 𓀤𓀠𓀡 𓁉 𓀤𓀠𓀡 𓁉 𓀤𓀠𓀡 𓁉 𓀤𓀠𓀡 𓁉 𓀤𓀠𓀡 𓁉 𓀤𓀠𓀡 𓁉 𓀤𓀠𓀡 𓁉 𓀤𓀠𓀡 𓁉 𓀤𓀠𓀡 𓁉 𓀤𓀠𓀡 𓁉 𓀤𓀠𓀡 𓁉 𓀤L('ω')┘三└('ω')」

 

みんなでAさんを崇め拝みめちゃくちゃ興奮しました。アリーナ?アリーナとは?(哲学)   わたし達だけ横浜アリーナでビューイングとかじゃないよね?会場ドームだよね?アッ…アリーナ………   やべぇ、これはやっべっぞとコロチキナダルを登場させつつスタンド席の階段を下り一番下のフロアに足を踏み入れました。近い、近い、みんながわたしを見下ろしている(勘違い)と思いつつ席を見つけそわそわしながら開演を待ちました。凝ったステージに凝りまくったジュニアの衣装、凝りに凝りまくったアナウンスといいその時点でKAT-TUNの世界観というものに、引き込まれたような気がしました。

途中ジュニアの後ろをたくさんのオタクがぞろぞろ歩いていて合法ストーカー…?と思っていたら急にバラまかれた紙を我が我がと食らいつくオタクの図を見て「これが絵に描いたような形勢逆転……!」と感動しつつなお、開演を待ちました。

 

 

暗転した開場内で突然鳴り響く雷。雷が大の苦手なわたしは半ギレしつつもモニターに映し出された歌詞を歌い上げるオタクたちの美声に浸りました。しかしKAT-TUNのオタクの方みなさん歌うますぎませんか?普通あれだけの大きさだったらバラつきが出るはずなのにまったくそれがなくて素直に驚きました…。他のグループのオタクの方もそうなのかな。

紫青桃に光る3つの入口からゆらりと登場した御三方は本当に綺麗でかっこよくて、なんの戦い?という感じですが王者、という貫禄があるように感じました。腰抜かしそうだった。1曲目のユメユメは後にMちゃんから聞きましたが再始動前最後の10ksのラス曲だったそうですね。も~~~ほんとうにそういうところがKAT-TUNがファンの心を掴み続ける理由の一つなのかなと思いました。素敵すぎる。そんなゆったりとした雰囲気をもぶち壊したのがリアフェでした。(言ってみたかった!リアフェ!)これが特攻…これがKAT-TUN…………。と思いました。あれはヤバい。控えめに言ってもヤバヤバのヤバ。隅田川花火大会と大して変わらないことを東京ドームの中で、それも1曲で使いまくるKAT-TUN。バキバキや……。※お分かりだと思いますが語彙力は自宅待機させていました。

その後もウホウホ踊り狂いウホウホ矢を振り回し楽しみました。一曲一曲について書きたいですが既に長くなってしまっているので控えます。 その代わりと言ってはなんですがそれぞれのメンバーのほぼミリしら→コンサートを通して をまとめてみました。

 

 

亀梨和也さん

 サングラスへのこだわりが強い。髪の毛のハネにはこだわりと愛着があるのでそれだけはメイクさんではなく自分でやる。歩くエロ。

          ↓

めちゃくちゃ可愛い わたあめとマシュマロのハーフ。亀叩きゲーム最初気付いてもらえなくてつっこんでくれるまでひたすら隅っこでひょこひょこしてたのかわいい…と思ったらママーーーー!!!と叫びだし多少は引きつつも5万5千人が亀梨さんを産んだしスイッチが入ると「俺の女」と言い出したり……わたしたちは叩けばいいのかママになればいいのか女になればいいのかどれなんだ?と思いました。 ラストの挨拶ではしっかり締めるところは締めていてとてもかっこいいと思いました。色々あるグループだけど亀梨さんがこういう人柄だからみんなついて行くんだなとジーンとしました。

 

上田竜也さん

怖いニーチャン。ワックスとヘアカラーで毛根が死んでる。でもガッツリ焼きそばパンよりかは少し楽なコロッケパンが好き。軍服とか見るのが好き。

          ↓

好きなパンはコロッケパンよりもメロンパンだと確信した。ライフルをぶっぱなしバイクで爆走しながら「逃げないで」と言われても普通に怖いし当然のように逃げるけどわんこのウンコ話で吹っ飛んだ。可愛い。メンバーとかドラマの共演者の方々との写真をコルクボードにつけてる という話の時は可愛いがカンストした。あの人はわたしたちが守っていかなくちゃならねぇ……と使命感に駆られたけどやっぱり怖い。でも可愛い。U担の方は忙しいんだなと思いました。 本能的にメモしたくてもペンがなかったのでレシートに爪で傷付けて浮かび上がらせるというなんとも原始的なメモをしたのですが案の定解読ができない。そんな中唯一読めたのは「童貞だから上田に殺された」でした。(敬略称お許しください)

f:id:majisore:20180430083513j:plain

※実際のメモです。下の方に問題の「童貞だから~」があります。

 

中丸雄一さん

シューイチの人。ビビりの人。普通の人。こだわり強めでちょっとめんどくさそう。

          ↓

いちばん沼ったらだめな人だと察しました。全然普通の人じゃないしむしろ帝王。HBBもかっこよかったけれどRIGHT NOWがド性癖でした。可愛らしい衣装を身にまといながら真顔で淡々と歌いながらレーザーを操る中丸さんが最高。Mちゃんと握手しまくった。花道とかサイドステージ?とか歩いてる時にみんなを見渡してみんなにわ~~!っと手を振っている姿がめちゃくちゃ可愛かったです。亀梨さんがず~~~っと喋ってるのを上田中丸さんが見てる図だと思ってたら逆だった。ほぼ中丸さんソロMCで笑ったけど「長くなりますので」と自覚していたのでそれをも可愛さに変わった中丸マジック。

 

 

 

そして今まで感じたことのないほどの充実感と多幸感、そして戦い抜いた快感とも取れる疲労感を噛み締めながらわたし人生最高の4月22日は幕を閉じたのでした。帰り道に「最高でした、所持金もう少し足りてれば勢いでFC入っていたと思います( 笑 )」とAさんに話していたわたしでしたが翌日起きるといつのまにかFCに入っていました。あれ?中丸マジック?

当時も今も大好きなkeep the faithを生で聞くことができただけでなく亀梨さんがトロッコ目の前で一番好きな「一人じゃ明日見失うから」を歌ってくださったことが本当に嬉しかったし一番の思い出になりました。とても幸せでした。

終演後誰か推しできた?とママに聞かれましたが誰が、という話ではなくKAT-TUNがすきだなと思いました。作り出される雰囲気、楽曲、構成、メンバー、そしてファンの方々みんなでKAT-TUNが成り立っていることは本当に素敵なことで感動せざるを得ませんでした。

夏にもお邪魔したいですが今度はちゃんと勉強してから行こうと思うのでなにかDVD買いたいです。なにかオススメあれば教えていただきたいです~~!また垢作りたてなので仲良くしていただきたいです…。

 

全くまとめられず長くなってしまいましたがここまで読んでくださった方ありがとうございました。KAT-TUNは永遠ですから!       2018.04.30 マジそれな